2008年08月21日

寿命6万時間の有機ELディスプレイが開発

寿命が6万時間になることで、LCDやプラズマに寿命では並びました。

機能がどんどん追加される携帯電話にとって、消費電力の増加は悩みの種。

今までは液晶画面のバックライトが電力を消耗する大きな原因となっておりました。

有機ELはそれ自身が省電力でバックライトも必要としないので、どの携帯会社も採用したい夢のデバイスだと思います。

そのためにはまずコスト低下が必要でしょうね。
東芝松下が率先して採用してほしい。
そうすれば大量生産でコスト減間違いなしでしょうから。

(ITMediaより)
寿命6万時間の有機ELディスプレイ 東芝松下ディスプレイと出光が共同開発

東芝松下ディスプレイテクノロジーは8月20日、出光興産と共同で、モバイル機器向けとしては世界最高レベルの性能を達成した有機ELディスプレイ(低分子タイプ)を開発したと発表した。

 2.2インチQVGA(240×320ピクセル)で消費電力100ミリワット、半減輝度寿命6万時間と、消費電力を従来比で10分の1、寿命を30倍に改善した。

 東芝松下の持つTFT基板設計技術、素子設計技術と、出光の発光材料技術を組み合わせた。今後、携帯機器向け中小型ディスプレイの量産化に向けた技術開発を進めていく。
posted by カミガタ at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ナノテク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

野菜と果物で食道がんの危険半減

やはり野菜と果物を食べることは健康に寄与するということですね。

特にキャベツや大根が良さそうです。
「イソチオシアネート」ですよ。

日本食を見直すいい機会かもしれません

(毎日新聞より)
<食道がん>野菜と果物で危険半減 厚労省研究班

野菜と果物を多く食べる男性は、あまり食べない男性に比べ、食道がんになる危険性がほぼ半減することが、厚生労働省研究班(担当研究者、山地太樹・国立がんセンター予防研究部研究員)の調査で分かった。今月号のがんに関する国際誌電子版に掲載された。

 研究班は95年と98年、8県の45〜74歳の男性約3万9000人を対象に、食事に関するアンケートを実施し、野菜と果物の1日あたりの摂取量を推計した。04年までに、116人が、食道がんのうち日本人の大半を占める「扁平(へんぺい)上皮がん」と診断された。国内の食道がんの患者は、男性が8割以上とされる。

 分析の結果、野菜と果物の合計摂取量が1日平均544グラムと最も多いグループが食道がんになる危険性は、最も少ない同170グラムのグループの52%にとどまった。また摂取量が1日100グラム増えると、危険性は約10%減った。種類別では、キャベツや大根などのアブラナ科の野菜の摂取と、危険性の低下に関連が認められた。

 喫煙、飲酒習慣がある人でも、野菜と果物を多く食べると危険性が減った。喫煙習慣があり、日本酒を1日2合以上飲む人では、多く摂取する人の危険性が、少ない人より6割以上も低かった。

 山地研究員は「食道がんの予防には、禁煙、禁酒が第一だが、野菜と果物の摂取にも予防効果が期待できることが分かった。アブラナ科の野菜は、がんを抑制するとされる成分『イソチオシアネート』を多く含むため、効果があるのではないか」と話している。
posted by カミガタ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(2) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。