2009年01月19日

数ミリ程度の微小がんでも判別。蛍光分子を使ってがん細胞を光らせる!

これは、なかなかシンプルですが、面白い新技術ですね。
ガンの早期発見だけでなく、手術時にガンを取り逃す失敗の減少にも、やくだってくれそうですよ。

数ミリ程度の微小がんでも判別してくれるそうです。

がんを早期発見する本です
 

(産経新聞より)
生きたがん細胞だけ光らせる 微小でも判別可能に

生きたがん細胞だけを光らせる検査分子を、東大大学院薬学系研究科の浦野泰照准教授らが開発した。小さながんの診断や摘出手術に役立つ成果で、この技術を使って微小ながんを持つマウスの患部を除去することにも成功した。米科学誌「ネイチャー・メディシン」(電子版)に発表した。

 浦野准教授と米国立衛生研究所の小林久隆・主任研究員との共同実験による成果。がん細胞だけに取り込まれる抗体タンパク質と、がん細胞内の環境を検知して光を出す蛍光分子を組み合わせた。がん細胞に入り込んだ抗体タンパク質が、弱酸性の性質を持つ小器官に運ばれることに着目。弱酸性の環境に反応したときだけに光るよう、蛍光分子を設計した。この検査分子を、がんを発症させたマウスに注射すると、早ければ数時間でがん細胞だけが光り始めたという。

 がんを検出する方法としては、PET(陽電子放出断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像法)などの技術があるが、従来の検査分子はがん細胞に取り込まれなかった場合にも反応してしまうため、ミリ単位の微小がんの検出は難しかった。

 今回の技術は、数ミリ程度の微小がんでも判別できる。また、がん細胞が死ぬと光も消えるため、治療効果を確認しながら手術を行うことも初めて可能になった。浦野准教授は、「小さながんでも見落しが少なくなり、1回の手術で終わらせることもできる。5年以内の実用化を目指したい」と話している。
posted by カミガタ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(2) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンの根絶を邪魔するタンパク質、見つかる

今後の抗がん剤などのガン対策へ楽しみなニュースです。

たんぱく質には、良いもの、悪いものがあるのですね。

どのガンにも効くのでしょうか。

ともあれ、期待できそうです。

 

(毎日新聞より)
<がん>誘発するたんぱく質を特定 九大グループ

九州大生体防御医学研究所の中山敬一教授(細胞生物学)のグループが、がんを抑制する遺伝子「p53」の働きを妨げるたんぱく質を特定した。このたんぱく質はがんを誘発する機能があり、増殖すると、がんを発症しやすくなると考えられている。たんぱく質の働きを解明することで、新たな抗がん剤の開発につながる可能性もある。18日付の英科学誌「ネイチャー・セル・バイオロジー」電子版で発表した。

 p53は、異常な速さで増殖するがん細胞などを根絶するため、細胞を自滅に導く機能がある。だが、がん細胞と同レベルの速さで著しく増殖する胎児期の細胞はp53の影響を受けず、その理由は謎とされてきた。

 研究グループは、p53に結合し、胎児期に多く生産されるたんぱく質「CHD8」に着目。胎児期のマウスによる実験で、CHD8が結合したp53が機能しなくなることを突き止めた。また、これまでの研究では、培養したがん細胞ではCHD8の発現量が多く、マウスにCHD8を皮下注射するとがんを発症する傾向も出ているという。

 中山教授は「CHD8はがんを誘発する“がん遺伝子”といえる。CHD8の機能を抑える薬を開発すれば新しい抗がん剤になると期待できる」と話している。
posted by カミガタ at 15:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

米配合CD/DVDケース生産開始!

米は1人辺りの消費の減少で、今余っていて、減反がずっと続いている状況です。
米余りの解消→減反の縮小となれば、農家の成り手も少なくても多くはなるでしょう。
数円高いだけなら、ビクター初めとしてレコード会社は積極的に採用して欲しいですね(生産時や他の成分の問題がなければという条件付きですが)。

と、ここまで書いた所で、輸入米使っている可能性が高いですね。
今日本は一定の輸入米を買わなければならないので、それが使われているのでは。

(ITMediaより)
米を使ったCD/DVDケース ビクター子会社など


日本ビクターの子会社のビクタークリエイティブメディアとバイオマステクノロジー、中谷産業、音技の杜は1月6日、素材に米を使ったバイオマスプラスチック製CD/DVDケースの生産を始めたと発表した。

 非食用米と可塑性樹脂を組み合わせた素材を採用した。米の含有率は10〜30%で、製品によって異なる。1枚当たりの価格は従来品より数円程度高くなる見込みだ。

 素材はバイオマステクノロジーが販売。ケースの生産を中谷産業が、ケースを使ったパッケージ製品の販売を音技の杜とビクタークリエイティブメディアが担当する。4社は、音楽・映像制作会社に採用を提案し、普及に努める。


posted by カミガタ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。