2014年02月07日

広帯域な8K非圧縮動画の伝送に成功。さっぽろ雪まつりで-NICT

CATVや、中継局の伝送などで、8Kの映像を伝送して、かつ互換性のために4Kや現行のフルHDの動画も合わせて伝送するには、相当の帯域と安定性が必要です。
実際は圧縮データでの放送となるはずですが、今回の実験の成功で技術的には8K放送の伝送は確立されたと言ってよく、あとは伝送路などインフラがポイントになりそうです。


NICT、8K非圧縮のさっぽろ雪まつり映像の非圧縮伝送に成功

独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)は5日、開催中の「さっぽろゆきまつり」の8K/4K映像の非圧縮IP伝送に成功したと発表した。

 NICTは、新世代ネットワークの実現に向けた研究用テストベッドネットワーク「JGN-X」を構築/運用しており、4月には100Gbpsの広帯域化を予定している。

 今回は、NTTコミュニケーションズから東京〜大阪間に実験用100Gbps回線の提供を受け、同区間で8K映像と4K映像の非圧縮データ(36Gbps)を同時並列で伝送できる仕組みを構築。また、さっぽろ雪まつり会場からの高解像度映像などを国内複数拠点にHD、4K、8KなどでIPネットワーク上で伝送する実験を神奈川工科大学などと共同で実施する。

 また、4K圧縮映像や高品質な商用放送映像伝送をJGN-X上のSDNテストベッド「RISE」のOpenFlowネットワークで並列伝送する実証実験も行なう。これにより、既存サービスと新世代サービスの混在を可能とし、技術移行期に対応できるかを検証するとしている。
(AV Watchより)
posted by カミガタ at 22:14 | TrackBack(1) | ネットワーク・電気化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387576374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

NICT、さっぽろ雪まつりで8K非圧縮の伝送に成功
Excerpt: これで次世代テレビやCATV、インターネットを使った映像配信で、既存規格も安心して共存しながら美しい映像を楽しむことができそうですね NICT、8K非圧縮のさっぽろ雪まつり映像の非圧縮伝送に成功 ..
Weblog: 家電ニュース・買物ステーション版
Tracked: 2014-02-07 22:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。