2008年01月13日

海藻からバイオエタノールを! 水産庁が研究着手へ

食用でないし、養殖でできるのなら全然トウモロコシなどを原料にするより「まし」ですね。

食べ物を求めている人が世界に多くいるのに、車の燃料として使うのはどうしても納得いきません。

「5年後に技術を確立する」なので、実用化はまだまだ先ですが、期待したいと思います。

問題はこの養殖が増えることで海の環境にどのくらいの影響があるのか、という所ですね。

(読売新聞より)

海藻でバイオ燃料、水産庁が5年で技術を確立へ

水産庁は、植物由来の燃料として地球温暖化防止の効果が期待されているバイオエタノールを、海藻から作る技術の研究に2008年度から着手する。

 水産庁は初年度の08年度政府予算で約6000万円の研究費用を確保しており、5年で技術を確立する計画だ。

 現在、バイオエタノールは主にトウモロコシなどの穀物から作られているが、食料用穀物の生産が減り、価格が高騰する影響が出ている。土地の制約がない海で養殖できる海藻を原料に作れば、食物と競合せずに温暖化対策が進められると期待されている。

 バイオエタノールは、植物に含まれる糖質やでんぷん質を発酵させて作る。水産庁の研究では、海藻に含まれるアルギン酸という糖類を分解・発酵させてエタノールを作るため、これに適した酵素を探す。海藻はワカメやコンブなどの食用ではなく、成長が早い種類の藻を使う方針だ。


posted by カミガタ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

バイオエタノールの決定打になるか水産庁が海藻から作る技術の研究に着手
Excerpt: これは期待したいです。 今のバイオエタノールは貴重な食べ物を犠牲にしてますからね。 食べ物を求めている人が世界に多くいるのに、車の燃料として使うのはどうしても納得できなかった。 食用でないし、養殖..
Weblog: 買物ステーションBlog
Tracked: 2008-01-13 15:03

バイオ燃料に穀物が使われ、うどん値上げも
Excerpt: なんで食べ物に使える穀物を燃料に使うのか、それ自体自分は疑問ですね。ゴミ発電とかもっと今までいらないと思われたものを利用してエネルギーを稼げばいい、と思っていますが。 プルサーマルだって、不祥事や事..
Weblog: 買物ステーションBlog
Tracked: 2008-01-13 15:04

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。