2013年04月03日

鉄道会社で進む太陽光発電事業。小田急電鉄も新規参入

鉄道会社は実はかなりの土地を持っています。車庫や予備地、敷地跡などです。
最近の例で言うと、
・東武鉄道が佐野線葛生駅の貨物ヤード跡地で太陽光発電事業に着工
・東京メトロが地上駅でホーム屋根にパネルを付ける計画を発表
スペースのある場所にパネルを置ける太陽光発電は鉄道会社の副収入として、また自然エネルギーの普及を促す効果があり、今後の展開も期待できそうです。
私鉄よりJRの方が貨物駅、廃線跡や、拡張用に確保した未利用スペースが格段に多いので、JR各社もぜひ取り組んで欲しいです。


小田急電鉄が太陽光発電事業に参入、喜多見電車基地敷地など活用

小田急電鉄はこのほど、太陽光発電事業への参入を発表した。東京都世田谷区の喜多見電車基地内と周辺施設に太陽電池パネルを設置し、発電した電気は「再生可能エネルギー固定価格買取制度」にもとづき、東京電力に売電する。

太陽電池パネルは同基地内や周辺建物の屋上・屋根部分などの未利用スペースに合わせて2,588枚を設置。一般家庭約160世帯分に相当する、年間約57万9,000kWhの電力を供給する。年間CO2排出削減量は約269トン。9月に着工し、2014年2月に完成予定。同年3月の運用開始をめざす。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 00:20 | TrackBack(1) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

ケニアで発電するサッカーボールの実証実験

遊んでそれでエネルギー充填、電力は僻地で治療を続ける医療家たちの携帯電話の電池に使用、素晴らしいですね。
最近は乗るだけで発電する装置もあったりしましす、なんでも電力にしてしまうんでしょうか。

(オルタナより)
2010年南アフリカW杯での日本代表の躍進は記憶に新しい。そんな熱戦が繰り広げられたアフリカの地で面白い実験が行われた。

ケニアで行われたこの実験は、子どもたちを集めて通常のサッカーを楽しんでもらうだけであるが、注目すべきは使用されたサッカーボールである。

ハーバード大学の卒業生と在校生からなる4人の女性グループが開発したこのサッカーボールは中に磁石とコイルが入っていてボールを蹴ったり転がしたりする際に生まれる運動エネルギーを電気に変換する仕組みを持っている。

このサッカーボール型発電機は「sOccket」と名づけられ、見た目や、重さは通常のサッカーボールとほぼ同じである。蓄積されたエネルギーは小型LED照明や携帯電話といった電気機器に供給できる。

実験では子どもたちがこのボールで約15分間遊ぶだけで、LEDライトを3時間も点けることが可能だという結果がでた。今後は僻地で治療を続ける医療家たちの携帯電話の電池として使用される予定だ。

2014年ブラジルW杯では、世界の強豪たちと近年目覚しい発展を遂げている日本代表がこのボールを追って、素晴らしいプレーをすることを願っている。(オルタナS特派員 池田真隆)
posted by カミガタ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

小さな振動で発電する新技術開発

使えるものは何でも使う。これがエコの真髄だと思います。
発電できる量は、ほんのわずかですが、リモコンなどの小さい機器なら十分補えそうで、時計に使っても面白いかもしれません。
また携帯電話などの補助電力としても良さそうですね。

(Business Media 誠より)
生活内の振動で発電 バッテリーレスのリモコンも

日常的に発生する振動によって発電し、小型の電子機器をバッテリーなしで動かしてしまう。そんな発電機を北陸電気工業がCEATEC JAPAN 2009のブースで参考展示している。

 これは同社が東京大学と共同開発した発電機で、人の運動や風によるゆらぎなどの振動を利用して発電することで、電源供給や電池の交換なしで小型機器を動作させることができる。

 マイクロフォンなどに使われるエレクトレット材料を用い、振動を電力に変えているという。微細加工技術を使い、非常にコンパクトなのが特徴だ。 20Hz(1秒間に20回程度)の振動で約1ミリワットの発電を行う。同社説明員によると、「これを組み込んだ機器をポケットに入れて歩くだけで、発電できてしまう」という。

 会場にはこの発電機を組み込んだ試作品として、バッテリーレスの2.4GHz無線のリモコンやタイヤの空気圧センサーが展示されている。
posted by カミガタ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。