2013年04月03日

鉄道会社で進む太陽光発電事業。小田急電鉄も新規参入

鉄道会社は実はかなりの土地を持っています。車庫や予備地、敷地跡などです。
最近の例で言うと、
・東武鉄道が佐野線葛生駅の貨物ヤード跡地で太陽光発電事業に着工
・東京メトロが地上駅でホーム屋根にパネルを付ける計画を発表
スペースのある場所にパネルを置ける太陽光発電は鉄道会社の副収入として、また自然エネルギーの普及を促す効果があり、今後の展開も期待できそうです。
私鉄よりJRの方が貨物駅、廃線跡や、拡張用に確保した未利用スペースが格段に多いので、JR各社もぜひ取り組んで欲しいです。


小田急電鉄が太陽光発電事業に参入、喜多見電車基地敷地など活用

小田急電鉄はこのほど、太陽光発電事業への参入を発表した。東京都世田谷区の喜多見電車基地内と周辺施設に太陽電池パネルを設置し、発電した電気は「再生可能エネルギー固定価格買取制度」にもとづき、東京電力に売電する。

太陽電池パネルは同基地内や周辺建物の屋上・屋根部分などの未利用スペースに合わせて2,588枚を設置。一般家庭約160世帯分に相当する、年間約57万9,000kWhの電力を供給する。年間CO2排出削減量は約269トン。9月に着工し、2014年2月に完成予定。同年3月の運用開始をめざす。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 00:20 | TrackBack(1) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

皮膚についた油性ペンの汚れの落とし方にもサイエンスが

皮膚についた油性ペンの汚れは日焼け止め、消毒用アルコール、口紅、ミカンの皮で落とせます。
それぞれ原理と方法が説明されています。
こんな日常の工夫にも「サイエンス」が隠されています


皮膚についてしまった油性ペンの汚れを消す対処法
気付かぬうちに皮膚に付けてしまった油性ペンの汚れは、洗ってもなかなか落ちませんよね。ゴシゴシ擦れば薄くなる事はあるけど、きれいに落とすのは難しいものです。そこで、身近な物を使って簡単に皮膚に付いた油性ペンを落とす方法をご紹介します。

■日焼け止めで、簡単に油性ペンを落とす方法
夏に使って余っている日焼け止めはありませんか。家の中で眠っている日焼け止めを使えば、簡単に皮膚についてしまった日焼け止めを落とす事ができます。準備するものは日焼け止め・ティッシュです。

1.日焼け止めを皮膚の油性ペンがついてしまった部分に塗ります。
2.そのあと軽く塗り込んでください。
3.最後にティッシュで軽く拭き取るだけです。

■日焼け止めで、油性ペンが落ちる理由
日焼け止めが油性ペンを落とす原理は、とても簡単です。

日焼け止めには紫外線が肌に吸収する事を防ぐために、紫外線吸着剤という成分が含まれています。また、肌への塗りやすさを考えて油分も含まれています。

油分と油分はお互いに溶け合う性質があり、日焼け止めの油分が油性ペンの油分を溶かして浮かせる役割をするのです。さらに紫外線吸着剤が、浮いた油性ペンの汚れを吸着して、閉じ込めてしまうのです。そのため、擦らずきれいに油性ペンが落ちるというわけなのです。

また、UVカットの数値が高いほど紫外線吸着剤の濃度は濃くなっていますので、油性ペンがさらに落ちやすくなります。時間がたって落ちにくくなってしまっている場合には、UVカットの数値が高い日焼け止めを使ってみましょう。

■日焼け止めがない時の対処法
日焼け止めが手元にない場合には、他にもアルコールや口紅などさまざまな身近な物で代用ができます。

消毒用のアルコールなどの有機溶剤には、油分を浮かせて落とす効果があります。油性ペンのついた皮膚にアルコールを染み込ませて、浮いた汚れを布やティッシュに移してしまう方法です。

また、もう使わない口紅でもきれいに油性ペンの汚れを落とせます。口紅には乳化剤という成分が含まれています。乳化剤には油分を溶かす作用があるので、油性ペンの汚れを擦らずに浮かせて落とす事ができます。

さらにミカンの皮でも油性ペンをきれいに落とす事ができます。ミカンの成分にリモネンという成分が含まれており、有機溶剤の役割を果たしてくれます。

いざという時には、ぜひお試しになってみてはいかがでしょうか。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 11:50 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

光速で移動したらどうなるの?

「ワープ」といえば宇宙戦艦ヤマトみたいに凄いもので、ドラえもんの「どこでもドア」をみると夢見がちになりますが、現実はそこまで甘くないみたいですね(^_^;)


もしも科学シリーズ(41):もしも光速で移動したら

SF映画の定番・ワープ航法。高速で移動すると星々の光が伸び、幻想的な世界が描かれる。一度体験してみたいものだ。
もしも光速で移動できたらどうなるのか?時間が遅れ、周囲の世界が縮み、自分も縮んで見られる。不条理で不可解な世界が待ち受けているだろう。

■1=1.41?

光の速度は秒速およそ30万km。現在分かっている物質でもっとも高速だ。計算が面倒になるので「およそ」ではなく、正確に30万km/秒と仮定して話を進めることにする。

光速度不変の原理では、光の速さは常に一定で、加速も減速もできない。時速100kmで走るクルマから進行方向に100km/時のボールを投げると、地上の観測者にとってボールは100+100=200km/時で飛んでいるはずだ。だが、光にはこの単純な足し算がない。もし光速の50%で進む宇宙船が進行方向に光を放っても30万km/秒で進み、宇宙船の速度は加算されないのだ。

高速移動すると時間の流れが遅くなる「ウラシマ効果」は本当か?秒速4km程度で周回する人工衛星には進む時計が用いられ、時間のズレを補正しているから空想の話ではない。

なぜ遅れるのか?これは「光時計」で説明しよう。光時計は30万kmの筒、底面に光源、天井に鏡を貼(は)るだけのシンプルな構造で、光源から放たれた光は0.5秒で筒の中央を通過し、1秒で天井に到達する。その後、天井の鏡に反射された光は2秒後に底面に戻る。観測者はその時間を計るだけだ。

実験者(A)、観測者(B)ともに光時計を持ち、宇宙で静止し作動させる。光が天井に達するのはA/Bともに1秒後で、2秒後にはどちらも底面に戻ってくる。

次に、Aは光時計を持ったままBから見て右・水平に光速で移動、Bは静止したまま互いに観察する。Aは、自分の光が天井に届くのを1秒後に見るはずだ。

だがBは、Aの光が右上に進んで見える。上/右どちらも同じ速さなので、光は45度右上へ進む。ちょうど縦横30万kmの直角二等辺三角形の斜辺を描き、30万×1.41(=ルート2)=42.3万km先まで進むのだ。

実験後、2人は同じ結果を伝え、あなたを困らせる。

 ・「自分の光はまっすぐ上に進み、1秒後に30万km先の天井に到達した」

 ・「相手の光は斜め上に進み、時計の天井に届くまでに1.41秒かかった」

互いに「相手が遅くなった」というが、ウソつきなのはAか、Bか?

答えは、すべて正解。自分の光は1秒、相手のは1.41秒かかったと「感じた」だけだ。静止していたはずのBの光が斜めに進むのも、AにとってBが移動したように見えただけなのだ。

特殊相対性理論は、その名の通り「相対的」で、基準によって答えが異なる。この例では、移動しているAにとっては1秒だが、静止したBの1.41秒に相当するから、高速で移動すると「時間が遅く流れる」と表現されるのだ。

■80万km=100万km?
縮むのは時間だけではない。
長さ100万kmの列車Aと、80万kmの列車Bがすれ違う実験をしよう。列車Aはあなたから見て左、Bは右に、それぞれ光速の1/3の10万km/秒で進む。列車Bの先頭と後端には光源を取り付け、中央に乗った実験者Cに光を届ける。

2つの列車の「端がそろう」瞬間をきっかけとし、2つの条件でCに向けて光を放つ。
 1.列車A(□)の先頭と、列車B(○)の後端がそろったとき
   ←□□□□□□□□□□
    ○○○○○○○○→
 光発射→

 2.列車Aの後端と、列車Bの先頭がそろったとき
  ←□□□□□□□□□□
     ○○○○○○○○→
            ←光発射

最初に1.が生じ、後方の光源から40万km離れ秒速10万kmで遠ざかるCに光が届くのは2秒後だ。つぎに条件2.がそろうのは、1.から(100万-80万)÷(10万+10万)=1秒後で、さらに1秒後にCに光が届く。結果はどちらも2秒後で、前後の光はCに同時に着くことになる。

光速は不変で、2つの光源はCから等距離だから、同時に着くなら同時に放たれたことになる。だが、光を放つ条件は列車AとBの端が揃ったときだから、同時に発射するには、列車A/Bが同じ長さでないとつじつまが合わない。つまり100万kmの列車Aが、80万kmに縮んだことになる。

もちろん実際の長さは変わらず、縮んで「見える」だけなのだが、光速に近づくにつれ周囲は縮み、周りにとって自分が縮む。時間の遅れと同様に、互いに縮んで見えるのだ。

■まとめ
ワープ時の幻想的な光の帯はむしろ逆で、周囲が縮んで見えるのが正解だ。
子供のころ大好きだったシーンが実現しないと知ると、少々さびしい気分だ。
(関口 寿/ガリレオワークス)
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 14:11 | TrackBack(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

道路交通騒音は大気汚染に匹敵する健康被害!

騒音の問題は思ったより深刻ということでしょうね。
100人にひとりが道路交通騒音に起因する心疾患で死亡、とはにわかに信じられませんが、確実に体を蝕んでいることは確かなようですね


節電のために開ける窓が超危険!実は体に悪い「騒音」

節電ということで、クーラーの使用を控えている人も少なくないのではないでしょうか。夜寝るときも我慢して、窓を開けて涼をとっている人もいますよね。

最近では、窓を開けて寝ることで、泥棒の侵入や盗撮の被害が増えているといわれています。もちろん、これらについては用心しないといけないのですが、他にも窓を開けることで問題が起きそうです。

というのも、京都大学の松井利仁准教授が道路交通騒音による健康被害について算出したところ、騒音が健康被害に大きな影響をもたらしていることが明らかになりました。

どのような影響があるのか、その内容を紹介します。

■道路交通騒音の影響
道路交通騒音がもたらす健康被害は、世界的に問題になっています。

世界保健機関(WHO)のヨーロッパ事務局によれば、5人にひとりが道路交通騒音のために睡眠障害を引き起こしているとされます。

ですが、道路交通騒音はただ睡眠を阻害するだけではなく、そのほかにもいろいろな健康被害をもたらします。

たとえば、心筋梗塞などの心臓血管系疾患のリスクを上昇させたり、子どもの認知障害を引き起こしたりすることが知られています。

また、道路交通騒音が原因で耳鳴りがおこり、そこから睡眠障害、精神的不安、欲求不満、就業困難、コミュニケーション障害に発展するとされます。

音量としては、心臓血管系疾患では55から80デシベル(目覚まし時計の音から水洗トイレを流す音)、子どもの認知障害では95デシベル(カラオケの店内)が目安に考えられています。

■日本の健康被害
松井利仁准教授の結果によれば、道路交通騒音による健康被害とそのほかの疾病などと比較すると、道路交通騒音による健康被害はガンの5パーセントに過ぎませんでしたが、交通事故と比べると50パーセントでした。

環境リスクと比較すると、有害化学物質による健康被害の4倍近くの影響があり、大気汚染に匹敵する健康被害があることがわかりました。

また、道路の状況別にみると、幹線道路に近接している場合の健康被害はガンに匹敵し、ある程度大きな道路に近接している場合では脳血管疾患と同程度の健康被害がみられました。

計算上の結果ではありますが、100人にひとりが道路交通騒音に起因する心疾患で死亡していることになります。

いかがでしたか。窓を開けることで、外の騒音が届きやすくなる今年の夏。

節電も大事ですが、うるさくて眠れないなと感じたら、窓を閉めてエアコンを使うことをオススメします。健康に気をつけながら、夏を乗り切りたいものです。
(MenJoy!より)
posted by カミガタ at 08:32 | TrackBack(1) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

アトピー性皮膚炎や乾癬、円形脱毛症に有効? 慶応大、毛嚢の免疫に関する機能を発見

毛嚢が免疫効果を司る重要な部分で、
アトピー性皮膚炎などの皮膚に関する病気の究明や、ワクチン開発に朗報になるのでは、と期待されます。


毛はただの物理的バリアではない - 慶応大、毛嚢の免疫に関する機能を発見

慶應義塾大学(慶応大)は6月25日、国内外での共同研究により、毛は外的刺激に反応して「樹状細胞」を皮膚に呼び寄せ、「毛嚢(もうのう)」の部位による異なる「ケモカイン」を発現し、樹状細胞の表皮内への進入を巧妙に制御していることを発見したと発表した。

成果は、慶応大 医学部皮膚科学教室の永尾圭介専任講師、同天谷雅行教授らの研究グループによるもの。研究の詳細な内容は、米国東部時間6月24日付けで英科学誌「Nature Immunology」電子版に掲載された。

毛・毛嚢はすべての哺乳動物が持っている基本的な構造であり、外的刺激から体を守る重要なバリアを提供している。円形脱毛症、膠原病、ニキビなど毛嚢が傷害される炎症性皮膚疾患がよく知られているが、今まで毛嚢に能動的な免疫機能があるとは考えられていなかった。

一方、2011年のノーベル生理学・医学賞の受賞対象(故・ラルフ・スタインマン博士)となった樹状細胞は白血球の一種で、免疫の起点となる重要な細胞だ。生体の最表面にある表皮には「ランゲルハンス細胞」という樹状細胞が全身を覆うネットワークを形成し、微生物などから生体を守っている。

研究グループはランゲルハンス細胞がどのような機序で表皮に動員されるのかに興味を持ち、観察を行ったところ、樹状細胞と毛嚢との重要な関係が発見されたというわけだ。

ランゲルハンス細胞は骨髄から発生することが知られているが、正確な起源は明らかではなかった。マウスを用いて解析したところ、骨髄の単球という白血球がランゲルハンス細胞前駆細胞となり、その後表皮の中でランゲルハンス細胞に分化することが確認されたのである。

ランゲルハンス細胞前駆細胞が表皮へ入っていく際、常に毛嚢を経由していることがわかった。皮膚での外的刺激や炎症がこのプロセスを促す仕組みだ。

「2光子顕微鏡」という生体内を観察できる顕微鏡を用いて、物理的刺激を加えたマウスの皮膚を観察すると、白血球は刺激負荷後1.5時間後より毛嚢に集積することが判明。また、ランゲルハンス細胞前駆細胞が表皮内に入るためには、特定のケモカインレセプター(受容体)を持っていなければならないこともわかった。

これらの事実から、研究グループは、毛嚢にはケモカインを産生し、樹状細胞を呼び寄せる機構が存在するのではないかと考察。毛嚢の細胞を5つに分離し、遺伝子発現解析を行ったところ、毛嚢のある特定の部位にランゲルハンス細胞前駆細胞を呼び寄せるケモカインが産生されることが確認された。対応するケモカインの受容体がないと表皮への進入が阻害されることも示されたのである。

さらに、毛嚢の重要性を示すために、毛嚢を維持することができないマウスの皮膚に炎症を起こし、ランゲルハンス細胞前駆細胞の動員を誘導したところ、毛のある皮膚にはランゲルハンス細胞前駆細胞が表皮内に入ったのに対し、毛のない皮膚では入ることができないことが確認された。よって、ランゲルハンス細胞前駆細胞が表皮に入っていく際には毛嚢がゲートウェイとして重要な働きを担っていることが明らかになったのである。

また、毛の再生に重要な幹細胞を有する毛嚢隆起部では、ランゲルハンス細胞前駆細胞の進入を防ぐ別のケモカインが産生されており、毛嚢の部位により樹状細胞の進入を制御されていることがわかった。

また、ヒトの疾患においても、毛嚢が残っている脱毛症(円形脱毛症)では、表皮内のランゲルハンス細胞が正常に認められたが、毛嚢が残っていない脱毛症(瘢痕性脱毛症)では、表皮内のランゲルハンス細胞がほぼ消失していた。

ヒトの毛嚢においても、ランゲルハンス細胞を呼び寄せるケモカインはもちろん、円形脱毛症で関与が疑われるケモカインも毛嚢の特定の部位で産生されていることが判明。マウスだけでなく、ヒトでも毛嚢が免疫機能を有していることが強く示唆されたのである。

今回の成果により、毛嚢には今まで気づかれていなかった免疫機能が備わっていることがわかった形だ。単なる物理的バリアであると考えられていた毛嚢は、積極的に皮膚の白血球の交通を整理していたというわけだ。毛嚢に新たな存在意義が加わったといえるだろう。

皮膚は全身を包む最大の臓器であり、微生物などの外来物質に対して活発な免疫応答が行われている。今回の研究により、毛嚢がこれらの調節に重要な役割を持っていることが明らかになった。今後皮膚での炎症、免疫を理解するための重要な基盤となることが考えられるという。

今回の研究では樹状細胞に着目して解析したが、毛嚢が呼び寄せるのは樹状細胞だけとは限らない。円形脱毛症や瘢痕(はんこん)性脱毛症ではリンパ球が毛嚢を破壊する。ニキビでは好中球という細胞が毛嚢で炎症を起こす。毛嚢が白血球を動員するメカニズムをコントロールできれば炎症を抑えることが可能となるはずだ。

アトピー性皮膚炎や乾癬(かんせん)という皮膚疾患でもリンパ球を主体とした炎症が起きるが、毛嚢が炎症を起こす細胞を呼び寄せている可能性が考えられる。

今回の研究にて明らかになった毛嚢による白血球の交通整理はアトピー性皮膚炎などの皮膚炎症の病態解明に役立ち、将来それを応用した新しい治療法開発の基盤となることが期待されると、研究グループはコメント。

また、さまざまな感染症を予防するワクチンを接種する場所として、皮膚が最も効果的であることがわかっている。単に感染症といってもさまざまなものがあり、予防にはそれぞれの感染症に応じた特有の免疫応答が必要だ。望ましい免疫応答を促すために必要な細胞を呼ぶ。今回の研究の白血球動員制御機構は、より制御された新規ワクチンの開発戦略に寄与することが期待されるとも述べている。
(マイナビニュースより)
posted by カミガタ at 13:34 | TrackBack(1) | 人間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

ポパイのように筋肉モリモリ、ホウレンソウに筋肉増強効果!

ホウレンソウは体にいいですね。
筋肉増強もマンガとは偶然の産物ですが、草にしては力が出そうなイメージありますものね。
なお、Wikipediaによると、原作のポパイでは最初はキャベツを食べて力を出していたそうです。
また、玉ネギの匂いを嗅いでいたという話もありますね。
ほうれん草の缶詰もポパイがホウレンソウでパワーアップして作り出したのだか。
雑学って面白いですね。


ポパイは正しかった! ホウレンソウに含まれる硝酸に筋肉増強効果

米国生まれの人気キャラクター、船乗りのポパイ(Popeye)。缶詰のホウレンソウを飲み込むと筋肉もりもりになり、ピンチを切り抜ける――このポパイの行為が正しかったことが、スウェーデンの研究チームによって証明された。

 ホウレンソウには硝酸が含まれているが、ストックホルム(Stockholm)のカロリンスカ研究所(Karolinska Institute)の研究チームが硝酸を加えた飲み水を1週間与えたマウスを解剖し、対照群のマウスと筋機能を比較したところ、硝酸入りの水を飲んでいたマウスの筋肉が増強されていたことが分かった。

 研究に参加したAndres Hernandez氏によると、マウスが摂取した硝酸の量を人間に当てはめるとホウレンソウを1日当たり200〜250グラム食べた程度に相当するという。緩やかな動きを長時間続けるときに働く遅筋への効果はみられなかったが、瞬発的な動きに使われる速筋には明らかな効果が見られたという。

 今回の研究で硝酸によってカルシウムの蓄積と放出に関与する2種類のタンパク質が増えていたことが分かった。これらのタンパク質が増えると筋肉内に放出されるカルシウムの量が増え、カルシウムの放出量が多いほど筋肉は強く収縮するという。

 人間について考えると、例えばホウレンソウを食べて硝酸を摂取すればウエートリフティングや短距離走に必要な筋肉を強くすることができる。さらに、速筋は他の筋肉よりも疲労しやすいが、筋力が強くなれば収縮回数が減って結果的に持久力も増すのだという。

 筋トレマニアには朗報だが、研究チームは筋力のない人、筋肉に疾患のある人、高齢者の筋機能改善効果の有無を調べる方針で、マウスでさらに数回実験した後、人間を対象にした実験を行う計画だ。論文は米専門誌「生理学ジャーナル(Journal of Physiology)」に掲載された。
(AFP=時事より)
posted by カミガタ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオテクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

ケニアで発電するサッカーボールの実証実験

遊んでそれでエネルギー充填、電力は僻地で治療を続ける医療家たちの携帯電話の電池に使用、素晴らしいですね。
最近は乗るだけで発電する装置もあったりしましす、なんでも電力にしてしまうんでしょうか。

(オルタナより)
2010年南アフリカW杯での日本代表の躍進は記憶に新しい。そんな熱戦が繰り広げられたアフリカの地で面白い実験が行われた。

ケニアで行われたこの実験は、子どもたちを集めて通常のサッカーを楽しんでもらうだけであるが、注目すべきは使用されたサッカーボールである。

ハーバード大学の卒業生と在校生からなる4人の女性グループが開発したこのサッカーボールは中に磁石とコイルが入っていてボールを蹴ったり転がしたりする際に生まれる運動エネルギーを電気に変換する仕組みを持っている。

このサッカーボール型発電機は「sOccket」と名づけられ、見た目や、重さは通常のサッカーボールとほぼ同じである。蓄積されたエネルギーは小型LED照明や携帯電話といった電気機器に供給できる。

実験では子どもたちがこのボールで約15分間遊ぶだけで、LEDライトを3時間も点けることが可能だという結果がでた。今後は僻地で治療を続ける医療家たちの携帯電話の電池として使用される予定だ。

2014年ブラジルW杯では、世界の強豪たちと近年目覚しい発展を遂げている日本代表がこのボールを追って、素晴らしいプレーをすることを願っている。(オルタナS特派員 池田真隆)
posted by カミガタ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

運転の上手下手はDNAが決めるって本当?

「時間の経過とともに習ったことを忘れる傾向も強い」ということは、運転だけでなく、そのほかの部分も悪いといわれかねないかも。

でも本当にDNAが原因なのでしょうかね。

(ロイターより)
下手な運転に遺伝子が関係か=米研究


米カリフォルニア大学アーバイン校の研究チームが28日、運転の下手さにDNAが関係しているとの研究結果を発表した。
 研究をまとめたスティーブン・クレーマー博士によると、ある特定の遺伝子変異が見られる人は、そうでない人に比べて、運転テストで20%以上も成績が悪いことが分かったという。
 クレーマー博士と研究チームは、遺伝子変異がある7人を含む29人に対し、運転シミュレーターでコースを15周運転してもらうテストを実施。1週間後にもう1度同じテストを行った。
 クレーマー博士は、この遺伝子変異が見られる人は最初からミスをすることが多く、時間の経過とともに習ったことを忘れる傾向も強いと指摘。米国人の約30%がこの変異を持っているという。
posted by カミガタ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 遺伝子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

小さな振動で発電する新技術開発

使えるものは何でも使う。これがエコの真髄だと思います。
発電できる量は、ほんのわずかですが、リモコンなどの小さい機器なら十分補えそうで、時計に使っても面白いかもしれません。
また携帯電話などの補助電力としても良さそうですね。

(Business Media 誠より)
生活内の振動で発電 バッテリーレスのリモコンも

日常的に発生する振動によって発電し、小型の電子機器をバッテリーなしで動かしてしまう。そんな発電機を北陸電気工業がCEATEC JAPAN 2009のブースで参考展示している。

 これは同社が東京大学と共同開発した発電機で、人の運動や風によるゆらぎなどの振動を利用して発電することで、電源供給や電池の交換なしで小型機器を動作させることができる。

 マイクロフォンなどに使われるエレクトレット材料を用い、振動を電力に変えているという。微細加工技術を使い、非常にコンパクトなのが特徴だ。 20Hz(1秒間に20回程度)の振動で約1ミリワットの発電を行う。同社説明員によると、「これを組み込んだ機器をポケットに入れて歩くだけで、発電できてしまう」という。

 会場にはこの発電機を組み込んだ試作品として、バッテリーレスの2.4GHz無線のリモコンやタイヤの空気圧センサーが展示されている。
posted by カミガタ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。